Blog

心地よいと感じる色温度

私は、男の子2人の母。
乗り物に興味を示す男子たち。
必然的に、私も電車が好きになりました。

先日行った仕事の下見。
休日だったので、電車を楽しみながら次男と一緒に。

最寄りのJR湖西線 堅田駅から
わざわざサンダーバードに乗って京都まで。

それから近鉄で、少しの間を特急列車に乗ってみる。

それだけで、ちょっとワクワク。

ゆったりした座席に、リラックス。

ん?なんだか居心地いいな〜と思ったら、
車両の内装と、自分のコーディネートが馴染んでる。

この日のコーディネートは
グレーにネイビーにPCCSの色相環で言う15番あたりの青緑。

明度(色の明るさ)は
中〜低明度でまとめています。

自分の好きなトーンだから
そりゃ心地いいワケです。

特に住空間では、
このリラックスできる心地よさが大切だと思います。

だから、ご提案するときには
お客さまが自然と手にする好きな色みやトーンを
ヒアリングさせてもらいます。

特に、洋服は自ずと自分が似合うものを
着られているはずなので

壁紙の打合せだけど、
お洋服の話で盛り上がることもあるのです。

色と言っても
空間づくりでヒントにするのは特に明度。

またその話はおいおいと…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。