Blog

ウィリアム・モリス デザインの軌跡へ

 

大山崎山荘美術館へ行ってきたことを

こちらの>>ブログ
書きましたが

ウィリアム・モリス展に
行きたかったからなんです。

>>ウィリアム・モリス デザインの軌跡

 

役に立たないものや

美しいと思わないものを

家に置いてはならない

ウィリアム・モリス(1834-96)

 

モダンデザインの父と称される
ウィリアム・モリスは、

19世紀後半のイギリスで
最も傑出した芸術家・思想家のひとりです。

モリスのデザインは

壁紙やテキスタイルなど
今も根強い人気です。

 

産業革命が起き、
安価でクオリティの低いものが
たくさん出てきた時代に、

原点回帰してクラフトマンシップを大事にしながら
生活と自然との融合を提唱してきた作家。

 

アーツ&クラフツ運動を主導したことでも
知られています。

白いビニール壁紙が
国産の壁紙を約80%占めている日本。

高度経済成長期の昭和40年代
生産性、施工性の効率化を求めたことが

日本の壁紙が世界で
ガラパゴスと揶揄される現状となっています。

壁紙はビニール製で白いものだと
一般の常識になってしまっているのです。

 

ウィリアム・モリスの壁紙に惹かれるのは

そんな日本の壁紙業界に
疑問を抱くからかもしれません。

こちらは、モリスが
最初に壁紙にしたデザインです↓

自邸のレッドハウスの庭から生まれたデザインです。

 

もちろん、モリスの壁紙も弊社で

取り扱っておりますので

コーディネートから施工まで

おまかせいただければと思います。

当時のデザインやカラーでは
ちょっとクラシカルになりすぎるのであれば

『PURE MORRIS(ピュア モリス)』シリーズがオススメ。

>>PURE MORRIS 公式サイト

色みをそぎ落としたことで
シックなインテリア空間にも
馴染みますね。

 

お見積りなどは
お気軽にお申し付けください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

お知らせ

 

 


【関西、くらしマルシェ。”Last Piece”開催】

【日時】2018年10月2日(火)10:00~15:00

【入場料】無料

【会場】Cultivate Gallery

阪急神戸線 王子動物園駅 徒歩3分

〒657-0836 兵庫県神戸市灘区城内通4丁目8

【内容】

■01.
SONRISA accessories
アクセサリー販売
■02.
Wisteria accessories
アクセサリー販売
■03.
Drawer Style 中村佳子
2歳からできる時間の片づけ
(対象:2歳~小学生3年生くらいまで)
ワークショップ
「やることボードつくり」」 2,500円
「やることマグネット」販売 1,500円
■04.
True Colors! あだちようこ
Color+shape®︎コーディネーターによる明度ドレープ分析&アクセサリーアドバイス
■05.
引越しオーガナイザー®︎ 門野内絵理子
書籍販売 1,300円
『引越しで私と暮らしを整えよう』
ワークショップ
『間取図から考える片づく部屋作り』
■06.
中田あい
建築カラープランナー®︎
アートライフスタイリスト®︎がご提案する
感性を刺激する空間づくり
『アートのある暮らし』

 

詳細・お申込みは

関西、くらし編集部。HP

ご確認ください。

 

くらしの心地よさに出会うイベントです。

選りすぐりのアートを展示・販売いたします。

————————————————————–

 

 

 


出演メディアなど


【リフォームセールスマガジンに掲載】

ピクチャーレールの施工や提案について
アドバイスさせていただきました。

ピクチャーレールは絵画を飾るだけでなく、
壁面収納としても壁を活用できるアイテムです。

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。