Blog

御礼!アートの力と可能性を伝える【リフォーム産業フェア2018】

『リフォーム産業フェア2018』

無事に終えることができました。

わざわざ、このブースをご覧いただくために
足を運んでくださった方。

興味を持ってお話を聞いてくださった方。

そして、この空間を作り上げるために

ご協力を惜しげも無く買って出てくださった方。

あらためて、心から厚く御礼申し上げます。

弊社が担当したのは

日本画家 大竹寛子さんの原画をディスプレイするコーナー。

美しい色彩を引き立てるために

カーキの壁紙を色を作ってしまうところから

こだわって作成しました。

立ち止まってご覧いただいている方にお声かけすると

「スーッと作品に引き寄せられるように、

ここに来てしまいました。」

と、おっしゃられる方が本当に多かったです。

心の中で「しめしめ」と思っておりました。
だって、それを計算していましたから

その後に、休憩ブースにもなっている
こちらにご案内すると↓

これまた「おおーーー!!」

と、迫力に驚かれるという反応。

 

次に、「ウォーターサーバーや冷蔵庫

椅子の張り地などにも使われているんですよ。」

と説明すると、さらに驚かれていました。

こうやって、アートを使ってインパクトのある空間が一気に仕上がるのも、

壁紙や床材などのプロダクトとしての活用の利点でもあります。

多くの人にアートを目にする機会となりますね。

アーティストさんのご理解や著作権の問題など
クリアする課題もありますので
こういったプロダクトへの利用は
ぜひアートライフスタイリストへご相談ください。

 

そして、個人的にプレッシャーだったのが

やはり大竹さんの反応。

カーキの壁にどんな印象を持たれるのか?

ドキドキでした。

施工する壁が再利用されるため
捨て貼りされている経師紙。
この納まりが悪く綺麗に壁紙が引かずにヒヤヒヤでした。

おかげで、壁紙のジョイント(継ぎ目)もよく分かってしまい
ペイントでごまかすと言う(汗)

通常は下地からきちっと施工するので
このようなことにはならないのでご安心を。

 

大竹さんからも、

「素敵なブースに仕上げてもらってありがとうございます。」

とお言葉をいただきひと安心しました。

【美しすぎる日本画家】にみなさん撮影タイム。

一緒に記念に撮っていただいたけれど

遠近感がおかしすぎるので
ブログには載せないでおきます(笑)

 

アートの力や可能性に共感してくださった方々を巻き込んで

たくさんの人の手で作り上げたブース。

今回、興味を持ってくださった方々と

これから各方面で広がりを見せていきそうです。

 

アートには何かと何かをつなぐ力があります。

人を惹きつける力があります。

 

アートライフスタイリストは、

作品のスタイリングのみならず

アートを活用するアイデア

一緒に考えるお手伝いをいたします。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

お知らせ

 

 


【関西、くらしマルシェ。”Last Piece”開催】

【日時】2018年10月2日(火)10:00~15:00

【入場料】無料

【会場】Cultivate Gallery

阪急神戸線 王子動物園駅 徒歩3分

〒657-0836 兵庫県神戸市灘区城内通4丁目8

【内容】

■01.
SONRISA accessories
アクセサリー販売
■02.
Wisteria accessories
アクセサリー販売
■03.
Drawer Style 中村佳子
2歳からできる時間の片づけ
(対象:2歳~小学生3年生くらいまで)
ワークショップ
「やることボードつくり」」 2,500円
「やることマグネット」販売 1,500円
■04.
True Colors! あだちようこ
Color+shape®︎コーディネーターによる明度ドレープ分析&アクセサリーアドバイス
■05.
引越しオーガナイザー®︎ 門野内絵理子
書籍販売 1,300円
『引越しで私と暮らしを整えよう』
ワークショップ
『間取図から考える片づく部屋作り』
■06.
中田あい
建築カラープランナー®︎
アートライフスタイリスト®︎がご提案する
感性を刺激する空間づくり
『アートのある暮らし』

 

詳細・お申込みは

関西、くらし編集部。HP

ご確認ください。

 

くらしの心地よさに出会うイベントです。

選りすぐりのアートを展示・販売いたします。

————————————————————–

 

 

 


出演メディアなど


【リフォームセールスマガジンに掲載】

ピクチャーレールの施工や提案について
アドバイスさせていただきました。

ピクチャーレールは絵画を飾るだけでなく、
壁面収納としても壁を活用できるアイテムです。

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。