Blog

知っておきたい!リフォーム・DIY・家づくりでの壁紙選びのコツ

 

勝手口からゴミを捨てるのに

ふと見上げた空。

東の空にオリオン座がキラキラと瞬いていて

しばらく魅入ってしまいました。

まさにきらきら星♪

澄んだ空気が夜空を美しく見せてくれています。

寒っと身震い。
さすがに11月に入ると朝晩の冷え込みもぐっと深まりますね。

早いもので、もう今年も残すところ2ヶ月を切りました。

振り返れば、新しいチャレンジもたくさんさせてもらい、

いろんな場所にも足を運びました…

 

…と思い返しながら書いていて、
なかなかブログを書けていないことに
後ろめたさを感じてしまいます。がんばろー

 

滋賀・関西で「壁紙選びから始めるリフォーム」

「色の力でコストを下げて、上質空間のご提案から施工まで」

(壁紙・クロス・カーテン・ブラインド・窓周り・クッションフロア・タイルカーペット・床材)

株式会社ナカタック 建築カラープランナー®︎中田 あいです。

 

10月最後の日曜日は、

大阪市立住まいの情報センターで行われた

//【大人も子供も楽しもう】DIYワークショップフェス// にて

『壁紙の貼り方・選び方のポイント』セミナーをさせて頂きました。

 

 

DIYをする手順やそれに適した壁紙については、

貼り方教室を体験してもらうのが一番!!

会場には一般社団法人クロス事業協会
理事の方達が揃っていらっしゃったので

実際に貼るところは聞いていただくとして、

会場の貼り方教室↑
ご自分でやってみたいと思われて、
体験される方が結構いらっしゃいましたよ。

私は、コーディネートをするにあたっての色のことなどを
これから家づくりをされる方に向けて、
お話しさせて頂きました。

 

■好みのインテリアにするには

壁紙選びよりも大切な〇〇選び!■

 

 

建築カラーコンサルでも毎回お伝えしていることですが、

”木部選びや木部の色の紐解きを制するものが、壁紙選びを制します!”

  • 床とつながる壁。壁とつながる建具。(隣り合う色は影響し合う)
  • 床が占める空間の割合による配色バランス
  • 木部は低彩度(色味が弱い)なので、色の見極めが難しい
  • 無垢は経年変化で色みが変わるものがある
  • 床・巾木・窓枠・ドア・家具など多くの場所で使われ、
    また色みは、同じメーカーでも厳密に合わせるのは難しいこともある

と言ったことで、木部の色相(色み)をどれだけ合わせておくかが
壁紙選びの自由度につながります!

 

もし、ここがバラバラだったら、

どこの色を基準に合わせるのか?

床?それとも建具?家具?…

これでは、壁紙の選択肢が狭まってしまいます。

素敵な壁紙はたくさんあるのに勿体無い。

”1階と2階でフローリングの色が違う”

なんて言う現場もたまに拝見することがあるのですが、

結局は白い壁紙しか選べないですよね(泣)

白い壁紙だから、余計に色のちぐはぐが目立ってしまってます…

 

■ 壁紙の白は本当に万能カラー?■

 

そんな風に、真っ白な壁紙しか選べない状況を見てしまうと
悲しいくなってしまいます。

狙って白い空間にするなら
全然問題ないのですが、

(その場合は、壁紙屋ですが天然顔料のペイントをオススメしたくなります。
ペイント用下地の紙クロスを貼りますので、お客様でDIYしてもいいですよね!)

個人的に、ビニールクロスのまっ白な色は
眩しすぎて疲れてしまいます。

白は、反射率の一番高い色なのです。

日本の住宅は
まだまだ白のビニールクロスを使われることが多いのが現状。

それがスタンダードになってしまい、

本来リラックスするお家で、
交感神経優位な生活になっていませんでしょうか?

スマホやパソコンを見る時間も増えた現代には、

自然とリラックスモードになる空間づくり
家づくりが必要だと感じます。

人肌の明度(色の明るさ)ぐらいの壁紙を選んで見てください。

なんとも言えない安心感に包まれます。

白い壁紙がダメとは言いません。

モダンなインテリアを作りたいときや
カジュアルな要素を入れたいときには、

空間にメリハリや軽やかさを出すのに役立ちます。

ただし、何となくとか、無難だと思って使わないでほしいのです。

 

■ フローリングの貼り替えが難しい時に

自分でもできちゃう?!オススメ商品■

 

このように、壁紙選びでは
木部や床の色の見極めが大切です。

木部の色のでインテリアのイメージはだいたい決まってきますので、

今流行りのアッシュグレーのような床にした場合は
ポップでカジュアルな空間は作れないし↓

 

ナチュラルオークのような床だったら、
パキッとスタイリッシュでモダンな空間は作れない↓


モダンに寄せるなら、
アイアンなどのアイテムを加えて黒でメリハリつけて
ナチュラルベースのミックスインテリアとなります。

(今は、「THE 〇〇」なインテリアよりミックスが主流)

 

木部も、黄み〜赤みの量
明度と彩度で表情が変わります。

      

 

どうしても、好みのインテリアイメージにするのが難しいなら、

接着剤も不要でDIYもできる商品がございますよ↓

いつもお世話になっている
interieurさんのオンラインショップ

施工方法も載っていますよ↓
>>接着剤不要で簡単/置くだけフローリングDIY クリックウッドタイプ

 

畳の上からも施工可能なので

和室を洋室にDIYも可能になりますね!

 

■ 床に合わせた壁紙コーディネートの一例■

 

床の色と壁紙の色がつながるコーディネート例を

クリックウッドタイプの床と

ドイツの壁紙老舗メーカーrash2019の中から合わせてみました。

rashはフリース素材で扱いやすくDIYにもオススメ。

 

おじさんチェックが可愛いー。

色を調えると柄もうるさくなく上品に仕上がります。

ファッションもチェックが流行っているので
ついつい目がいっちゃいます。

こちらの場合は↓


赤みで繋げたいから、一番赤いミディアムチークで↑

 

子供部屋とかにどうかな?↓

赤みはいらないよね。黄グレーでまとまってますね↑

 

こちらは、フィンランドを代表するアパレルブランド
IvanaHelsinki(イヴァンナ・ヘルシンキ)の輸入壁紙

やはり、黄グレーで色がまとまって心地よいです。

こうなると、できれば巾木も床と同じ色でつなげたいなー。

白い巾木だと色が見切れちゃうー。

巾木の話になると、また長くなるのでこの辺で…

 

■まとめ■

 

好みのインテリアにするためには、壁紙選びよりも床選び

木部選びが重要です。

また色が調うと、とても上品に仕上がります。

強いては、それが空間の心地よさに繋がります。

 

そうは言っても、自分で選ぶ自信のない方は、
コーディネートをご依頼いただくか、

ご自身でも選べるようにレッスン形式で行う
建築カラーコンサルにお申し込みください。

色の力を味方見つけて、ぜひ暮らしを楽しんでいただきたいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

お知らせ

出演メディアなど



【リフォームセールスマガジンに掲載】

ピクチャーレールの施工や提案について
アドバイスさせていただきました。

ピクチャーレールは絵画を飾るだけでなく、
壁面収納としても壁を活用できるアイテムです。

 

————————————————————–